泉州ニュース

泉州ドットコム

関西で発着増へ飛行ルート見直し

関西の空港をめぐり、地元の自治体などが神戸空港への国際線の就航と、関西空港の発着回数の引き上げに合意したことを受け、4日、国の有識者会議で飛行ルートを見直すための議論が始まりました。

関西・大阪・神戸の3空港の地元の自治体や経済団体は、▼神戸空港への国際線就航を認め、チャーター便は2025年の大阪・関西万博から可能にし、定期便は需要動向を見ながら順次拡大することで合意したほか、▼関西空港についても発着回数の上限を2030年代前半をめどに年間30万回まで引き上げることで合意し、国に実現に必要な飛行ルートの見直しを要請しました。

これを受けて飛行ルートの見直しに向けた、国土交通省の有識者会議が4日、初めて開かれ、久保田雅晴 航空局長が、「各空港の特性を生かし、関西経済の底上げや地域の発展につなげることが重要だ。あらゆる選択肢を検討してほしい」などと述べました。

その後、会議は非公開で行われましたが、国の担当者から、現在は騒音などへの配慮のため、離着陸は、▼神戸空港では海上を通り、▼関西空港では陸上を通る際に一定の高度以上で飛行していることなどが説明されたということです。

関西での発着増へ飛行ルート見直し 国の有識者会議で議論 2022年11月04日(NHK WEB NEWS

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top