泉州ニュース

泉州ドットコム

関西3空港が「SAF」原料に活用

関西エアポート(大阪府泉佐野市、山谷佳之社長)は、日揮ホールディングス(HD)、レボインターナショナル(京都市伏見区)と廃食用油由来の航空燃料の原料供給で基本合意したと発表した。関西エアポートが運営する関西国際、大阪国際、神戸の3空港の飲食店約90店舗や地元地域などから排出される廃食用油を持続可能な航空燃料(SAF)の原料に活用する。日揮とレボ、コスモ石油がコスモ石油堺製油所(堺市西区)で2025年に年産3万キロリットルのプラントを稼働する。

廃食用油は機内食工場と空港ホテル各2カ所からも回収予定。製造したSAFは3空港以外も含めて日本の空港で発着する航空会社に供給する。

 

廃食油で飛行機が飛ぶ!関西3空港が「SAF」原料に活用 2022年07月01日(ニュースイッチ

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top