AEDが必要な急性の心疾患などは対処が1分遅れると救命率が10%低下するといわれている。協定は署員が夜間も勤務している交番や駐在所に設置することで救命率を向上させるのが狙い。署員は使用方法の講習を受けている。