泉州ニュース

泉州ドットコム

「大王級」巨大古墳の築造事務所跡か

古墳時代前期末から中期初頭(4世紀後半)にかけての掘っ立て柱建物7棟が出土した大阪府藤井寺市の津堂遺跡。建物の多くは総柱の高床式で、倉庫群とみられる。世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府の堺市・羽曳野市・藤井寺市)で最初の大王墓とされる「津堂城山古墳」(前方後円墳、墳丘長210メートル)に近く、時期も一致することなどから、発掘調査した大阪府文化財保護課は「古墳造営時に資材などを保管した倉庫」とみる。同古墳群で、古墳造営に関わる施設が出土するのは初めて。同遺跡からはこれまで、祭祀(さいし)に使われたとみられる建物跡も確認されており、今回の発見は大王クラスの巨大古墳造営の経過や手順など、歴史の復元に貢献しそうだ。

 

「大王級」巨大古墳の築造事務所跡か 大阪・津堂遺跡で遺構発見 2022年06月16日(産経ニュース

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top