泉州ニュース

泉州ドットコム

「注染」の手ぬぐい 生産最盛期に

明治時代に大阪で生まれた染色技法「 注染」を用いた夏物手ぬぐいの生産が、堺市中区の染色会社「ナカニ」で最盛期を迎えている。

注染は、長さ約25メートルの木綿の布を何重にも折りたたみ、職人がじょうろで染料を注いで染め上げる。にじみやぼかしは一枚一枚異なり、手仕事ならではの味わいがある。

幅30~40センチの布を長さ90センチに切って販売。手ぬぐいのほか、額に入れて飾る観賞用としての需要も多い。

工場では乾燥のため、レモンや海などの絵柄の布地が一枚ずつ天井からつるされ、風で揺れていた。

 

夏色のカーテン 「注染」の手ぬぐい 生産最盛期に…堺市 2022年05月17日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top