泉州ニュース

泉州ドットコム

京都大学 研究用原子炉1基運転終了へ

京都大学は、保有する研究用原子炉の1基について、老朽化が進み、使用済み核燃料の引き取り先がなくなることなどから4年後に運転を終了すると発表しました。

廃炉作業については、今後、国と協議して進めるとしています。

京都大学複合原子力科学研究所では、大阪・熊取町にある施設に最大出力5000キロワットの「KUR」と、出力100ワットの「KUCA」と呼ばれる2基の小型の原子炉を設置し、研究目的で運転しています。

このうち昭和38年に建設された「KUR」について、老朽化が進んだことや、アメリカとの間に結んだ、使用済み核燃料の引き取りの取り決めが、期限をむかえることなどから4年後の令和8年5月に運転を終了すると発表しました。

東京電力福島第一原子力発電所の事故をふまえた、新しい規制基準に対応しながら運転を続けることも困難になっていたということです。
原子炉を解体する廃炉の作業については、今後、国と協議したうえで、進めていくとしています。
一方、もう1基の原子炉「KUCA」については、引き続き運転し、研究者の育成などに活用していくということです。

京都大学 研究用原子炉1基 老朽化などで4年後に運転終了へ 2022年04月05日(NHK NEWS WEB

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top