泉州ニュース

泉州ドットコム

前田健太投手、池田陵真選手を輩出の名門ボーイズに密着

今回は、大阪府泉北郡忠岡町で活動を行う忠岡ボーイズに訪問した。

MLBミネソタ・ツインズの前田 健太投手や、10月のドラフト会議でオリックス・バファローズに5位指名を受けた池田 陵真選手(大阪桐蔭)を輩出した名門チームで、現在は3学年で42名が在籍している。

今年の8月に行われた「第16回オリックス・バファローズCUP2021」では、並み居る強豪を次々と破り見事優勝。近畿、岡山、四国から集まったチームの頂点に立った。

今回は、オリックス・バファローズCUP優勝に大きく貢献した選手たちを紹介していきたい。

まずチームの中心となったのは、3番・ショートを守った小森拓人選手。177センチ・73キロ、バランスの良い体格を持つ小森選手は、高い守備力を武器に活躍をみせた。軽い身のこなしに、握り替えの速さ、スローイングの正確性と、質の高い守備が光り、また打撃でも広角へ強い打球を放つことができる。
中学通算本塁打は9本だが、最近では長打力も少しずつ向上しているといい、高校では好守での活躍が期待される。

またバッテリーの力も、バファローズCUP優勝への大きな原動力となった。

主戦としてチームを牽引したのは、右腕の矢野勇人投手。173センチ・73キロの体格から、最速134キロの直球を投げ込む矢野投手だが、最大の持ち味はゲームメイク能力の高さにある。ボール先行でも変化球でカウントが取れる制球力があり、主戦として重要な試合をいくどとなく任されてきた。

またキャッチャーを務めた小西太陽選手も、首脳陣から厚い信頼を置かれる選手だ。165センチ・62キロと体は小柄だが、ブロッキングやガッツ溢れるキャラクターで投手陣を牽引。打撃でも1番打者に座り、高校野球でもキャラクターを存分に発揮したいと意気込む。

 

前田健太投手、池田陵真選手を輩出の名門ボーイズに密着!バファローズカップ優勝の原動力となった守備の名手に注目 2021年12月26日(高校野球ドットコム

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top