泉州ニュース

泉州ドットコム

ピーチのA321LR、22年2月就航へ

ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は、エアバスA321LR型機を2022年2月1日に就航させる。既存機よりも座席数が最大約2割多く、新事業領域の中距離国際線を念頭に置いた航続距離が長い機材で、当初は国内線の高需要路線に投入し、1便当たりの提供座席数を増やす。初便は同日の関西発那覇行きMM211便となる見込みで、国内の航空会社では初導入となる。

ピーチはA321LRの導入をコロナ前の2018年7月に発表。座席数は1クラス218席で、現在運航しているA320ceo(従来型A320、1クラス180席)や、発展型で低燃費・低騒音の新型エンジンを搭載するA320neo(1クラス188席)よりも多くの乗客を運べる。

A321LRはA320neoの胴体を伸ばしたA321neoの航続距離延長型で、LRは「Long Range(ロングレンジ)」の略。3個目の中央燃料タンクを追加することで、航続距離はA320neoの6300キロよりも1100キロ長い7400キロとなり、ピーチは東南アジアなど片道7時間程度の中距離国際線への投入を計画している。当初は2機導入予定だったが、その後の発注変更により6機に増やした。初回発注2機のエンジンはCFMインターナショナル製「LEAP-1A」を選定している。

2月の就航時は、関西ー那覇線と関西ー札幌(新千歳)線の2路線に投入予定。いずれもピーチが拠点化している空港で、1日5往復の那覇線はMM211/212便の1往復、1日7往復の札幌線はMM111/112便の1往復に投入する。飛行時間は那覇線の那覇行きMM211便が2時間30分、関西行きMM212便が1時間55分で、札幌線は札幌行きMM111便が1時間55分、関西行きMM112便が2時間25分となる見込み。

 

 

ピーチのA321LR、22年2月就航へ 関西ー那覇・札幌 2021年11月29日(AviationWire

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top