泉州ニュース

泉州ドットコム

大木地区でランプ一斉点灯

のどかな農村風景が広がる泉佐野市 大木地区で、家々の軒先にステンドグラスを使ったランプを飾り付け、集落を光で彩るプロジェクト「大木HOTAL」が進んでいる。クラウドファンディング(CF)で製作費用を募り、地区での滞在や農作業体験を返礼とすることで、過疎や高齢化が進む地区ににぎわいを生み出そうとしている。

大木地区は、同市南部の和歌山県境に位置し、室町時代には関白・九条 政基の領地「日根荘」があったことで知られる。中世の絵図にも描かれた景観を今にとどめており、2019年には日本遺産に認定された。

プロジェクトは、同地区など山間部の活性化に取り組む泉佐野市の市民団体「みんなのまちづくり隊」(袋谷幸宏代表)の活動の一環。同地区を拠点とするステンドグラス作家・中野一夫氏の指導を受け、ボランティアで色とりどりのランプカバーを製作し、希望する住民に寄贈。門灯や表札灯にかぶせてもらっている。毎月第3土曜は「ランプの日」として、軒先のランプを一斉にともす「点灯式」を実施している。

 

 

ランプで集落包もう 泉佐野・大木地区で一斉点灯 2021年08月25日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top