泉州ニュース

泉州ドットコム

府内の供給希望は3市町のみ

大阪府は5日、アストラゼネカ社製の新型コロナウイルスワクチンの供給を希望する府内自治体は、大阪、貝塚、豊能の3市町だったと発表した。希望量は大阪市が15万回分、貝塚市と豊能町がそれぞれ2千回分で、国から府への配分上限の35万回分には達していない。

府内の全43市町村を対象に調査した。吉村洋文知事は5日、供給希望が3市町にとどまった理由について「各自治体はファイザー社、モデルナ社のワクチンで接種計画を立てており、アストラゼネカ社のワクチンを必要とは思わない市町が多いのではないか」と述べた。
来週以降、2回目の希望調査を行う。

府によると、接種会場の準備が整っている大阪市の約8千回分と貝塚市の約1千回分は16日の週に配送する予定で、残りは23日以降になる見通しだ。

アストラ製ワクチン、大阪府内の供給希望は3市町のみ 2021年08月06日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top