国際線の旅客数は元年上半期比99.1%減の11万人。変異株の感染拡大を受けた各国の対策強化の影響で低迷した。国内線についても政府の緊急事態宣言による移動の自粛で74%減の89万人にとどまった。