泉州ニュース

泉州ドットコム

関空・伊丹の運営権、40年超で売却

関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港を運営する新関西国際空港会社は今年度に実施を見込む事業運営権の売却(コンセッション)を巡り、運営期間を40~45年とする方針を固めた。買い手として関心を寄せる国内外の事業会社や投資家に伝えた。空港建設などで抱えた約1兆2千億円の債務を完済できる価格で売却したいとしている。国内最大規模のPFI(民間資金を活用した社会資本整備)案件が具体化し始めた。

新関空会社が、同社のアドバイザーを務める米シティグループ証券とSMBC日興証券を通じ、運営期間を40~45年で試算した複数の売却スキーム案を提示した。投資家側の意見も反映し、入札に必要な実施方針を6月をめどに策定する。夏以降に入札し、2014年度中にも売却先を決める。

運営権を得た企業は最初に数千億円規模の前払い金を納め、その後、毎年数百億円ずつ支払っていくことになる。分割方式で最終的に関空側の債務1兆2千億円を全額返済したい考え。

関空・伊丹の運営権、40年超で売却 1.2兆円めざす 2014年04月12日(日本経済新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top