泉州ニュース

泉州ドットコム

堺市が連接バスを試験運行

堺市は25日、2025年の大阪・関西万博の開催などを見据え、市中心部を東西に結ぶ交通網の実現に向けて連節バスの試験走行を行った。
結果を踏まえ、来年度中にも新交通システムの基本方針を作成する。

市では昨年、中心部をはじめ市西部の堺浜といったベイエリアでのにぎわい創出などを目指す「堺グランドデザイン2040」を策定した。同市域では南北交通の利便性に比べ、市域を横断する東西交通が長年の課題となってきたが、南海本線堺駅(同市堺区)、同高野線堺東駅(同)といった主要ターミナル駅間などを結ぶ新たな交通手段の検討が進められている。

連節バスの活用案はその一環。試験走行は24、25日の両日、堺駅-堺東駅間を結ぶ「大小路ルート」と堺駅-沿岸部の工場地帯を結ぶ「堺浜ルート」の2ルートで実施された。

連節バスは2台の車両をつないでおり、車体全長は約18メートルと通常の路線バスよりも約7メートル長いため、狭い道での走行に危険性がないかなどをチェックした。

 

堺市が連接バスを試験運行 万博見据え  2021年01月25日(産経WEST

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top