泉州ニュース

泉州ドットコム

「大阪湾南東岸断層」命名

大阪府南部の臨海部にある長さ約19キロと約2キロの活断層について、国土地理院は「大阪湾南東岸断層」と命名した。

同院によると、約19キロの活断層は泉大津市本町―阪南市尾崎町付近に位置。その東側で並走する約2キロの活断層も新たに確認された。大阪湾の南東部に面していることから名付けたという。

1995年の阪神大震災を受け、同院は全国で活断層の分布状況などを調査。2万5000分の1の縮尺で活断層図を作り、順次改訂作業を続けている。

また、同院は大阪府の上町断層帯に含まれる、久米田池断層(和泉市―岸和田市)の北側で長さ約2キロ、阪本断層(堺市西区―和泉市)の南端部で約500メートルの活断層を新たに確認した。

「大阪湾南東岸断層」命名、泉大津―阪南の2か所…国土地理院 2021年01月12日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top