泉州ニュース

泉州ドットコム

「ドローンフィールド」オープン

災害現場の調査や測量に欠かせない小型無人機・ドローンの操縦を学ぶ施設「ドローンフィールド」が、貝塚市橋本にオープンした。全国的にも珍しい「レーザー測量」設備を常設。飛行が認められた郊外にありながら関西空港や高速道路に近く、市は「全国から関係者が集まり、ドローン活用策を発信する拠点にしたい」と期待を高める。

市が「市立ドローン・クリケットフィールド」として旧ピクニックセンター跡地の丘陵約7ヘクタールに整備。測量用の設備として、国土地理院の承認を受けた公共基準点や、上空から識別できるコンクリート製立方体(一辺約1メートル)を5個設けた。「ドローン測量教育研究機構」(兵庫県西宮市)によると、自治体が常設するのは全国的にも聞いたことがないという。

市は同機構と協定を結び、企業や自治体職員による操縦の講習会、測量の検定会場として貸し出している。ドローンのレーザー測量は航空機より安価で、近年注目されている。無線による遠隔操縦のため、土砂崩れなどの災害現場や人が立ち入れない危険な場所でも、迅速で安全な測量ができる。木が生い茂る山間部では、葉の隙間から地表にレーザーを当て、正確なデータを割り出すことが可能だ。

昨年12月には、市が職員向けの操縦講習会を開催。約20人が市の保有するドローン2台を順番に操作し、前後左右の移動や8の字飛行などを実践した。

 

ドローン測量術 貝塚で・・・市が新施設 2021年01月11日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top