泉州ニュース

泉州ドットコム

関空、国際線で自動化ゲート

関西空港を運営する関西エアポートは7月27日、第1ターミナル(T1)の保安検査場前にある国際線出発口で自動化ゲートの運用を開始した。出発口での搭乗券確認を自動化することで、手続きの効率化による「ファストトラベル」の実現を目指すほか、検査員の負担軽減も見込む。

従来は、国際線保安検査場前にいる検査員に搭乗券を渡し、スキャナで読み込み後にゲートを通過していた。自動化ゲートの運用により、出発客自身が搭乗券をスキャンし、ゲートを通過して保安検査場に入る。

関空のT1 4階にある国際線出発口は1から3まで3カ所あり、27日から12ゲートすべてを自動化ゲートに更新した。出発口1と3は、すべての旅客が使えるゲートが4カ所ずつ、マイレージの上級会員などが利用できる「ファーストレーン」が1カ所ずつあり、出発口2には全旅客用のゲートが2カ所ある。

 

関空、国際線で自動化ゲート 搭乗券自らかざし検査場へ 2020年07月27日(AviationWire

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top