泉州ニュース

泉州ドットコム

ANA・JAL、7月国内線回復

航空各社の間で国内線を復便させる動きが加速している。全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は18日、7月の国内線の運航計画を発表。事前の計画便数に対する運航率はANAが6月から20ポイント上昇の49%、JALの運航率も53%といずれも5割程度に回復する。

航空会社にとって夏場は最も利益が見込める重要なシーズン。ANAの7月の減便数は1万2227便で6月に比べ4000便近く減少する。

JALは18日、7月1~16日の国内線6356便を減便すると発表した。期間中の減便率は47%と4月18日以来、約3カ月ぶりに運航便数が5割を上回った。足元で旅客数は前年比2割程度に回復。7月前半には同約4割まで回復すると見込んでいる。

運航を再開するのは伊丹―松山、東京―奄美大島など8路線。羽田発着で7月以降も運休を継続するのは、羽田―関西空港の1路線のみになるという。

ANA・JAL、7月国内線 運航数5割に回復 2020年06月18日(日本経済新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top