泉州ニュース

泉州ドットコム

民営化後初の減収減益

関西3空港を運営する関西エアポートが10日発表した2020年3月期決算は、売上高と営業利益が前年を下回り、16年4月の関西空港の民営化以降、初の減収減益となった。訪日客増加で続いてきた業績の拡大が、新型コロナウイルスで一変。利用者の回復の見通しはまだ立たず、今後の投資計画も見直す方針だ。

関西、大阪(伊丹)、神戸の3空港をあわせた旅客数は前年比2%減の4782万人。売上高は同2%減の2158億円、本業のもうけを示す営業利益は同8%減の524億円で、関西エアが関空の運営権を国出資の会社から引き継いで以降、4年目の決算で増収増益が途切れた。一方、18年9月に関空を襲った台風21号の被害に対する保険金の受け取りが増えたため、純利益は同13%増の335億円だった。

新型コロナによる減収は192億円。これまで8年連続で過去最多を更新してきた関空の国際線の外国人旅客数は20年3月期も1月までは前年を上回る水準だったが、新型コロナによる入国規制が拡大した2月以降、大半が減便に。着陸料など航空系の収入が73億円、免税店や飲食店などの利用者の減少で非航空系の収入が120億円減った。

民営化後初の減収減益 3空港運営の関西エア 2020年06月11日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top