泉州ニュース

泉州ドットコム

光明見えぬネオン街 堺・翁橋

新型コロナウイルスの緊急事態宣言は解除されたが、大阪府が営業休止の要請を今も続ける業種の一つが接客を伴う飲食業だ。府南部有数の歓楽街、翁橋(おきなばし)(堺市堺区)は今も、多くの店がネオンを落としたまま。経営者の苦悩も深まっている。

「消費者金融に手を出したらあかん」。市内でラウンジを複数店舗経営する女性(50)は、若手従業員が借金を考えていると聞き、あわてた。従業員はシングルマザーで、昼と夜、二つのアルバイトで生活費を稼いでいたが、感染拡大の影響で双方とも収入が途絶え、借金でしのごうとしていたという。結局、女性が生活費として10万円を貸した。

女性の店は4月7日からずっと休業しているが、店舗改装時の借金や店の家賃などの支出は続く。保険を解約するなどして工面しているものの、店の営業再開のイメージすらつかめずにいる。

別のラウンジ経営者の女性(51)も4月上旬から店を閉めているが、十数人の従業員には生活費を渡している。

たとえ近い将来営業が再開できたとしても、人数制限など感染リスクを減らす対策を徹底すれば、売り上げ減少は避けられない。悩みは尽きない。

大阪)光明見えぬネオン街 堺・翁橋 2020年05月28日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top