泉州ニュース

泉州ドットコム

ネットを使わない人へのコロナ情報

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、感染防止対策や支援策などの情報を住民に届ける手段に、大阪府内の各自治体が頭を悩ませている。近年、各自治体はホームページ(HP)を活用した情報発信に力を入れてきたが、住民すべてが十分なインターネット環境に恵まれているわけではなく、HP自体も情報が日々更新される流動的な状況が続いているため、適切な情報が提供できていないのではという危惧もある。
新型コロナ対策にとどまらず、情報伝達に偏りを生まないための模索が続いている。

各自治体が発行する広報誌の役割にも注目が集まる。
堺市は、毎月41万世帯に配布される広報紙の5月号の配布を前倒しした。本来は4月28~30日に予定していたが、26日には全戸に配り終えたという。

外出自粛が続く住民の心身の健康に役立つ企画も目立つ。熊取町は、運動不足を解消するため、「自宅でできる運動で活力を養いましょう」と呼びかけ、大阪体育大と協力して作成した体操などを紹介する。阪南市は「明るい笑顔で頑張ろう」と、市民向けの応援メッセージを掲載した。

泉大津市は毎週平日午前7時半から15分間、コミュニティーラジオ「FMいずみおおつ」の番組内で、市の情報を発信している。

ネットを使わない人へのコロナ情報 自治体は苦心 2020年05月18日(産経ニュース

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top