泉州ニュース

泉州ドットコム

在阪の4オケ「存続の危機」

新型コロナウイルスの感染拡大で、在阪の四つのプロオーケストラが大きな打撃を受けている。中止や延期に追い込まれた演奏会は、関西圏だけで少なくとも100公演近く、損失は億単位に上る。4オケは「存続の危機」を口にしながら、生き残り策を模索している。

大阪交響楽団(堺市)は、3月だけでも5千万円以上を見込んでいた依頼公演の収入がゼロになった。一方で、契約していたエキストラ奏者たちへのキャンセル料、約200万円の臨時支出が発生した。

3~5月で中止や延期になったのは約40公演。公演を再開する見通しは立たず、夏にかけてのチケットも売り出せないままだ。

人件費や管理費に毎月約2千万円が必要で、演奏収入が途絶えるのは「死活問題」。いまは法人会員の年会費や経費削減でやりくりする。個人からの寄付も命綱になっている。

いま、各オケはHPを通じて寄付による支援を募っている。同時に、政府が雇用維持のために休業手当の一部を支援する「雇用調整助成金」の申請を進めている。

 

在阪の4オケ「存続の危機」 公演中止で演奏収入ゼロ 2020年05月07日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top