泉州ニュース

泉州ドットコム

命名権、効果霧消

新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツなどのイベントが軒並み中止となった影響で、企業は施設のネーミングライツ(命名権)を取得しながら、企業名を含む新たな施設名(愛称)の露出の場を失っている。契約段階で想定していなかった事態に困惑が広がっている。

堺市が約30億円を投じて整備した原池公園野球場(同市中区)は、回転ずし大手のくら寿司(同)が年500万円の5年契約で命名権を取得し、4月1日に「くら寿司スタジアム堺」としてオープンしたばかり。同社関係者は「よりによってこのタイミングで……」と嘆息を漏らす。緊急事態宣言を受けて1週間で閉鎖となった。

契約では今回の事態は想定しておらず、夏の甲子園を目指す高校野球の大阪大会の会場として地域への浸透も期待したが、先が見えない。

コロナ禍でスポーツイベント激減 命名権、効果霧消 2020年05月02日(毎日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top