泉州ニュース

泉州ドットコム

代表選手は不安怒りの共有を

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの1年程度延期で選手の心理面は? 大阪体育大学(大阪・熊取町)体育学部の菅生貴之教授が28日、スポーツメンタルトレーニングやカウンセリングなどを専攻する専門家の目線で分析した。

今回の延期については「80年モスクワ五輪のボイコットで泣きじゃくった選手の姿を覚えているが、それに匹敵する未曽有の事件だ。選手への影響が大きいかどうかよりも、選手はこれから何が起きるのか分からない状況であり、不安以前に『一体どうなってしまうのか』という気持ちだろう」とし、日本オリンピック委員会(JOC)や競技団体が率先して五輪に向けたプランを立てることを求めた。

菅生教授は「アスリートセンタード」を提言する。

「『アスリートファースト』というよりは、選手を中心とした『アスリートセンタード』で考えるべきだ。決してコーチはセカンドではないし、アスリートをコーチや競技団体の役員、栄養・フィジカル・メンタルなどの専門ら、支える人たちのセンターに置き、選手を中心に考える視点を各競技団体が重視してほしい」

選手には不安や怒りの感情を多くの人と共有することを、アドバイスした。

代表選手は不安怒りの共有を 専門家メンタルケア術 2020年03月28日(日刊スポーツ

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top