泉州ニュース

泉州ドットコム

「いもむしゴロゴロカレー」開発

栄養バランスや生産効率の良さから「代替肉」として注目されている昆虫を使ったカレーを商品化しようと、大阪府和泉市のベンチャー企業と東大阪大短期大学部が産学連携で開発に取り組んでいる。開発費用をクラウドファンディングで集め、今春の商品化を計画。栄養が偏りやすい災害時の食事などに活用してもらうことも想定している。

タマネギやニンジン、オクラなどの野菜が溶け込んだルーに、黒光りした芋虫が浮かぶ。スプーンですくい、勇気を振り絞って口に含むと、想像していた柔らかさではなく煮干しのような歯応えで、エビやカニに似た濃い味が広がった。

昆虫食販売「昆虫食のentomo(エントモ)」(大阪府和泉市 https://entomo.jp )の松井崇社長が開発に取り組んでいるのが、その名も「いもむしゴロゴロカレー」だ。

同社によると、この芋虫はアフリカ原産の蛾の幼虫で、食用のために乾燥させて輸入した。和名はない。種子の脂肪分が食用や保湿クリームなどに使われるシアバターノキの葉を食べることから、松井社長が「シアワーム」と命名した。

シアワームは日本の検査機関による微生物検査にも合格した安全な食品だ。ただ、昆虫はエビやカニなどの甲殻類に近いため、甲殻類アレルギーがある人は注意が必要という。

「いもむしゴロゴロカレー」エビやカニに似た濃い風味 産学連携で開発 2020年01月22日(産経ニュース

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top