泉州ニュース

泉州ドットコム

シンガポール航空、関空に中距離仕様機

シンガポール航空(SIA/SQ)は、シンガポール-関西線にエアバスA350-900型機の中距離仕様機(A350MH)を2020年1月1日から導入する。A330-300からの変更で、今年4月27日から1日3往復に増便した同路線の機材は、すべて最新鋭機になる。

A350を導入するのは関西空港を午後に発着するSQ620/621便で、関西行きSQ620便はシンガポールを午前8時25分に出発し、午後3時40分着。シンガポール行きSQ621便は午後4時55分に関空を出発して、午後11時5分に到着する。残り2往復のSQ618/619便とSQ622/623便は、ボーイング787-10型機(2クラス337席:ビジネス36席、エコノミー301席)で運航する。

中距離仕様機の座席数は2クラス303席で、ビジネスクラス40席とエコノミークラス263席。ビジネスは1列1-2-1席配列で、フルフラットシートを採用し、エコノミーは3-3-3席配列となる。現行のA330は2クラス285席でビジネス30席、エコノミー255席で、提供座席数は1便あたり18席(6.3%)増える。また、羽田線に投入しているA350よりも座席数が多い。

シンガポール航空、関空にA350中距離仕様 20年1月から 2019年11月08日(Aviation Wire

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top