泉州ニュース

泉州ドットコム

パン年間消費量、堺市2位

大津市民はパンが好き?――。総務省の家計調査で、大津市民のパンの年間平均消費量が、47都道府県の県庁所在地と指定市の中で最も多かったことがわかった。県内の観光振興を進めている「びわこビジターズビューロー」が発表した。

総務省統計局は、2人以上の世帯の食べ物や飲み物、電気代などについて、直近3年間の各年の平均的な消費量や支出額などを調査し、毎年公表している。

それによると、2016~18年分で大津市のパン(食パンと砂糖を使った甘いパンなどの合計)の消費量が1位になった。年間の平均消費量は55.6キロで全国平均を24%上回っていた。データがある09年以降で、大津市が最多になるのは初めて。2位は堺市、3位は京都市、4位は大阪市と近畿の自治体が並んだ。

大津市民はパン好き?消費量が日本一「店は少ないけど」 2019年08月18日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top