泉州ニュース

泉州ドットコム

仁徳陵、ヘリや気球での遊覧飛行検討

世界文化遺産登録がほぼ確実になった「百舌鳥(もず)・古市古墳群」(大阪府)。
国内最大の前方後円墳を中心に大小の古墳が密集する雄大な景観が魅力の一つだが、大きすぎて地上からでは全体像をつかみにくい。「上空から見てみたい」との要望や登録による集客増を見込み、地元ではヘリコプターや気球による遊覧飛行などを検討している。

世界遺産登録を目指す機運醸成のため、堺市は昨年10月、民間業者によるヘリコプターや気球の遊覧飛行の試行を企画した。ヘリで地上500メートル付近から古墳群を眺めるツアー(大人6500円)に市民ら計約200人が参加。アンケートでは9割以上が定期運航に賛成した。

一方、一部に「お墓をのぞき込むのはいかがなものか」との意見があるほか、周辺には住宅地が広がるため、ヘリの離着陸場所の確保や騒音問題など都市部ならではの課題も残る。

堺市観光企画課の担当者は「全景を見ることで、多くの人に古墳群の雄大さや歴史、価値を感じてもらえる。課題を検証しながらニーズを把握し、世界遺産登録までに民間事業者による事業化を目指したい」と意気込んでいる。

仁徳陵「全景見たい」 ヘリや気球での遊覧飛行検討 2019年05月22日(産経ニュース

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top