泉州ニュース

泉州ドットコム

11か国語で災害情報

政府は、外国人労働者の受け入れ拡大が4月に始まることを踏まえ、緊急地震速報や津波警報などを外国語で伝える災害情報アプリの言語を、19年度にも現在の4か国語から11か国語に拡大する。地方自治体の防災行政無線についても、音声で警報内容が識別できるようにする方針だ。

外国人向けの災害情報発信では、観光庁が2014年から、スマートフォンのアプリ「Safety tips」の提供を開始した。緊急地震速報や津波警報、弾道ミサイルの発射情報などに対応している。

現在は英語、中国語、韓国語、日本語の4か国語で発信しているが、ベトナム、フィリピン、ポルトガル、ネパール、スペイン、インドネシア、タイ(在留者数の多い順)の言語を新たに加える。

今後、地方在住の外国人を念頭に、地方自治体が発信する避難指示・避難勧告などの情報を加えることも検討している。

11か国語で災害情報、外国人材拡大に備え 2019年03月08日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top