泉州ニュース

泉州ドットコム

海底耕し貝毒封じ

大阪湾で近年猛威をふるっている貝毒の対策として、大阪府漁連は今月、海底を耕す「海底耕運」と呼ばれる方法を試みる。漁獲量を増やす目的で秋に実施しているが、貝毒を抑え込む効果があるかは未知数。東京の市場でも評価が高い大阪湾の海の幸を守る新たな一手として、関係者の期待は高い。

海底耕運は、漁船で「桁」と呼ばれる鍬のような形をした器具を引っ張って、海底に堆積した泥をかき混ぜる。泥に酸素を送り込むとともに、窒素やリンなどの栄養塩を海中に巻き上げて循環させることで、海底付近に住む魚種などを増やす効果があるとされる。

原因プランクトンは、海水温が上昇に転じる1~2月頃に増え始めることから、府漁連は2月19、20日、岸和田市沖に漁船計約30隻を出して実施する。

海底耕し貝毒封じ…大阪湾、有害プランクトン抑制 2019年02月09日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top