泉州ニュース

泉州ドットコム

鍛冶屋敷の絵図発見

江戸時代前期に建てられた鉄砲の生産現場として全国で唯一残る堺市堺区の鉄砲鍛冶屋敷について、絵図(平面図)が発見された。屋敷に残る約2万点の古文書の中から、市と関西大が見つけた。屋敷の変遷や具体的な製造場所も判明。研究者は「近世の鉄砲製造の実態は知られておらず、一級の史料だ」と評価している。市は2023年の屋敷の一般公開に向けた整備に反映させる。

屋敷は約960平方メートルの敷地に主屋、座敷棟、道具蔵、俵倉などが建つ。1660年代には鉄砲鍛冶をしていたとされる井上関右衛門家が所有し、現在は市に寄贈されている。

今回見つかった屋敷の平面図は江戸~明治に描かれた5枚。屋敷の間口は、1689年以前は6間(約11メートル)だったが、1825年には現在と同じ17間半(約32メートル)になっていた。古文書を調べている藪田貫・関西大名誉教授(日本近世史)は「メーカーの発展に伴って屋敷を広げていった様子がよく分かる」と解説する。

堺の鉄砲、繁栄の歩み 鍛冶屋敷の絵図発見 2019年01月20日(毎日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top