泉州ニュース

泉州ドットコム

「ウォーキングサッカー」が話題

走ったら反則、接触プレーは禁止-。ユニークなルールの「ウォーキングサッカー」が話題を集めている。高齢者や障害者も参加でき、サッカー経験がなくても気軽に始められるからだ。大阪府サッカー協会は今月9日に堺市のJ-GREEN堺で開いた「障がい者サッカーフェスティバル」で初めて導入。運営に携わった同協会事業本部次長の大槻良太さんは「健常者も障害者も一緒になって楽しめた。魅力を広めていければ」と話している。

「ウォーキングサッカー」はサッカーそのものの母国であるイングランド(英国)が発祥の地。統括団体が発足した当初は約200チームだったが、現在は50歳以上の愛好者を中心に1000を超えるチームが存在し、数万人がプレーしているという。

日本では「日本ウォーキングサッカー協会」(佐藤光則代表理事)と「日本ウォーキング・フットボール連盟」(桑田丹(あきら)理事長)が1、2年前から体験会や大会を開き、日本サッカー協会とともに普及活動を実施している。ピッチの広さはフットサルと同じで、「安心、安全なルールが最優先。年齢に関係なく、激しい運動はちょっと、という人でも参加できる」と佐藤代表理事。自身も人工関節をつけている桑田理事長は「ボールを蹴ったことがない人でもすぐに始められる。失敗しても楽しいし、(親、子、孫の)三世代が一緒にプレーできる」と魅力を語る。

走ったらダメ!「ウォーキングサッカー」が話題…健康増進の一助に 2018年12月15日(産経WEST

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top