泉州ニュース

泉州ドットコム

関西エアの4~9月、純利益23%減

関西国際空港などを運営する関西エアポートが10日発表した2018年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比23%減の114億円だった。9月の台風21号の高潮被害の設備復旧費用など35億円を特別損失に計上したため。大半は保険で補填される見込みだが、今後も災害対策費用が追加発生する見通しだ。台風被害はなお経営に影を落としそうだ。

関空の運営を始めた16年4月以降、中間期で減益は初めて。貨物倉庫の復旧費用などを特損として計上した。ただ浸水して破損した電源設備や、航空機の給油施設の復旧など今回未反映の損失も多い。関西エアポートは損失が総額180億円程度に上るとの見通しを示した。

同社は施設の原状復帰などを補填する保険に入っている。受取時期は未定だが、これらの損失は「基本的に保険でカバーされると考えている」(同社)としている。

関西エアの4~9月、純利益23%減 台風で特損35億円 2018年12月10日(日本経済新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top