泉州ニュース

泉州ドットコム

茶の湯文化 次世代に

「わび茶」を完成させたことで知られる千利休をはじめ、多くの茶人が誕生した堺市。茶の湯発祥の地で今年10月、「堺茶の湯まちづくり条例」が施行された。地元では市民グループが「茶の湯文化が大切に育まれてきた堺を誇りに思い、次世代に継承しなければ」という旨の条例前文に呼応し、早速趣向を凝らした取り組みを展開。他に誇れる“わがまち”の文化発信に努めている。

日頃から“何や、何や”と探求心旺盛に文化の再発見や魅力の再生・創造などに取り組むNPO法人「堺なんや衆」(岡田明寛理事長)は、条例施行後初の市民による事業として、11月24日に同市の大仙公園内茶室「伸庵」で独自の茶会を企画。

心得がなくても参加できる“敷居の低い”茶会としたのに加え、17世紀後期の堺で誕生したと伝わる伝統工芸品「湊焼(みなとやき)」の顕彰もテーマに掲げた。

茶会では、堺能楽会館の大澤徳平館主(86)が席首を務め、湊焼復興に尽力した亡父鯛六氏の取り組みのほか、今夏、西念陶器研究所(岸和田市)に湊焼の復興を依頼したことなどを紹介。参加者は貴重な作品を鑑賞しつつ歴史の再発見も楽しんだ。

茶の湯文化 次世代に 市民グループ 発信に尽力 2018年12月02日(大阪日日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top