泉州ニュース

泉州ドットコム

堺刃物、欧州市場切り開け

切れ味に定評があり、料理人が使う包丁の多くを占めると言われる堺刃物を取り扱う事業者らが、本格的なヨーロッパ進出を目指している。これまでは主にアメリカでPRしてきたが、パリで21日から開かれる世界最大級の国際食品見本市に6社が出展。世界から、よりすぐりの食材が集まる「食の都」で高い品質を披露し、ヨーロッパ市場に販路を広げる。

堺刃物は安土桃山時代にタバコの葉を刻む包丁から発展したとされ、鉄をたたいて作る。硬い刃金と比較的軟らかい地金を重ねた構造で、地金の研ぎやすさを生かした鋭利さが特徴だ。

見本市に打って出るのは、堺市産業振興センターが事務局を務める「堺食産品海外セールス実行委員会」。国内市場が飽和状態の中、海外に活路を見いだそうと2011年に設立され、昨年度まで米ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでの見本市に出展を続け、堺刃物をPRして事業者の商談の場を提供。アメリカについては一定の成果が上がったとして、パリに照準を定めた。

この秋、出展するのは前回、15万人以上が来場したという見本市「SIAL Paris2018」。堺刃物を扱う6社は25日まで製品を並べ、ヨーロッパ各地から集う商社や食品メーカー、ホテルの関係者らと商談を行う。

堺刃物、欧州市場切り開け パリ見本市へ6社 2018年10月05日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top