泉州ニュース

泉州ドットコム

150年前の大阪に「堺県」

明治初期の大阪に、府とは別に堺県があった。

廃藩置県の前の1868年に誕生。現在の堺市を中心に県域は一時、府南部や奈良県にまで広がり、独自の紙幣や教科書を作っていたとされるが、わずか13年後に姿を消した。今年で誕生150年を迎え、堺市博物館(堺区)は堺県を紹介する企画展を開催。「あまり知られていない地元の歴史に目を向けてほしい」とする。

堺県が誕生したのは、明治元年にあたる68年。新政府が幕府の奉行所がある堺を管理するため、6月に大阪府から分離し、現在の美原区を除く堺市を県域としてスタートした。

明治に入り、現在の枚方市にあたる地域から府南部全域までを編入。71年の廃藩置県後も堺県として存続し、76年4月には奈良県も加えられ、大阪府をしのぐ面積を誇るまでになった。

その後、面積が小さく、財政基盤の弱かった大阪府を、京都など周辺府県と同規模にするため、堺県は81年2月、府に編入されて廃止に。87年11月には、奈良県が分離した。

堺県については現在、堺市でも知る人は少なく、明治維新から150年の今年、幕末から明治初期に関心が高まっていることから、堺県に関する展示を企画した。

わずか13年で幕、150年前の大阪に「堺県」 2018年06月11日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top