泉州ニュース

泉州ドットコム

ボーイング787-10型機世界初定期便

シンガポール航空は5月3日、ボーイング 787-10型機による世界初の定期便として、関空(関西国際空港)~シンガポール・チャンギ国際空港線での運航を開始した。同日、初便の運航を記念して出発搭乗口で記念式典が行なわれた。

シンガポール航空がローンチカスタマーとなったボーイング 787-10型機は、787-9型機のを5.5m延長したストレッチモデル。3月25日(現地時間)にボーイングの米サウスカロライナ州のチャールストン工場で初号機(登録記号:9V-SCA)が引き渡され、4月に入って2号機(登録記号:9V-SCB)が引き渡された。この2号機がシンガポールへ向かうフェリーフライトの途中、関空に立ち寄った際に機内の報道公開が行なわれている(関連記事「シンガポール航空、ボーイング 787-10型機を関空で報道公開。新開発のビジネスクラスとエコノミークラス搭載」)。シンガポール航空は同機を49機発注している。

シンガポール航空では、このボーイング 787-10型機をビジネスクラス36席、エコノミークラス301席の2クラス、計337席で運用する。同社が関空便で仕様していたエアバス A330-300型機が2クラス/285席だったのに対し約18%の増席となる。

シンガポール航空、ボーイング 787-10型機の世界初定期便スタート。日本発初便は「満席御礼」 2018年05月03日(時事ドットコム

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top