泉州ニュース

泉州ドットコム

こいのぼりのタペストリー教室

端午の節句(5日)を前に、長さ約7メートルのこいのぼりが、堺市立町家歴史館「山口家住宅」(堺区)で展示されている。30日には、約30年前にこれを手がけた高田武史さん(63)の指導で、こいのぼりを描いてタペストリーを作る教室が開かれた。

高田さんは、こいのぼり作り専門の工房「高儀」(堺市西区)の6代目。巨大こいのぼりは真鯉に金太郎がまたがる勇壮な絵柄で、土間の天井付近に飾られている。

タペストリーには、約20センチ四方の布を使用。参加した親子連れらは、直線や円を描く練習をした後、下書きの輪郭を黒や赤の顔料で慎重になぞり、灰色でうろこを表現して完成させた。

背中にかついだ金太郎 堺・山口家住宅 2018年05月01日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top