泉州ニュース

泉州ドットコム

伊丹と関空、サクラ植樹

関西空港と伊丹空港を運営する関西エアポートは2月27日、両空港でサクラを植樹した。同社グループの入社2年目までの新人を中心とする両空港合わせて30人の社員が、ソメイヨシノなどを植えた。

伊丹空港では、2020年の全面開業を目指してリニューアル工事を実施しており、4月に中央エリアが先行開業する。一方、工事の関係で昨年、外周沿いのサクラの一部を伐採した。関西エアでは、サクラを空港内と周辺に植樹する計画を進めており、今回は大阪モノレールの「大阪空港駅」駅舎下のピロティに、社員15人の手で7本植樹した。空港入口の三角地にも、6本植える。

関空では、LCCが乗り入れる第2ターミナル前に3本、関空警察署前に21本のサクラを植樹。
関西エアによると、警察署前はバス通りで、ターミナル内の連絡バスから利用者に眺めてもらおうと選んだという。

植樹したサクラは、伊丹がソメイヨシノ、関空が陽光桜と大島桜、ソメイヨシノ。空港では航空機に鳥が衝突する「バードストライク」を防ぐ必要があるほか、海面の反射にサクラが弱いことから、鳥が寄りつきにくく、海沿いでも育つ品種を選定したという。

伊丹と関空、サクラ植樹 30年後の発展誓い新人参加 2018年02月27日(Aviation Wire

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top