泉州ニュース

泉州ドットコム

犬の土人形を紹介するミニ展示

今年の干支)・戌)にちなみ、安土桃山時代から江戸時代初期に作られた犬の土人形を紹介するミニ展示が、堺市博物館(堺区)で開かれている。12日まで。

会場には市内で見つかった20点が並ぶ。3~7センチと小さく、両耳が前に垂れ、尾が丸まっているのが特徴で、同館によると、多産でお産が軽いとされる犬にあやかり、安産と子宝を祈願した「お守り」とみられる。

今回の展示に合わせ、古墳の墳丘に並べる埴輪)を製造していた百舌鳥梅町窯跡(北区)から出土した、犬型埴輪のイラストをあしらったハンドタオル(税込み650円)が製作された。限定500枚で1日から販売する。

月曜休館。入館料は一般200円、高校・大学生100円、小中学生50円。

犬の土人形 多彩な顔 堺市博物館 2018年02月01日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top