泉州ニュース

泉州ドットコム

堺市、生ごみから有機堆肥作り

家庭で出る生ごみを使って作る有機堆肥「生きごみさん」を広める取り組みを、堺市が進めている。導入する家庭を増やすことで、家庭ごみの3~4割を占める生ごみの量を減らしたい考え。26日には、生きごみさんを始めようと検討している人を対象に情報交換会を中区役所(同区深井沢町)で開く予定で、市では「これをきっかけに、市民のゴミ問題に対する関心を高めたい」としている。

生きごみさんは、段ボール箱の中に腐葉土や米ぬか、水などとともに、野菜のくずや残飯などの生ごみを入れてかき混ぜることで、土の中の微生物が生ごみを分解する仕組み。1~2カ月で堆肥となり、家庭菜園やガーデニングなどに利用できる。

生ごみから有機堆肥作り 堺市、取り組み進む 「ゴミ問題に対する関心高めたい」 2018年01月24日(産経ニュース

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top