泉州ニュース

泉州ドットコム

阪南旧市民病院で不適切な債権管理

大阪府阪南市は11日、市民病院が指定管理者の運営に移行する前の平成22年度以前の診療費について、約382万円の未収金があったと発表した。

市によると、この未収金は市直営時代の債権で、指定管理者には引き継がれない。運営が移行された23年4月1日時点では約443万円の未収金があり、その後、約61万円は回収されたが、残りは3年の時効が成立しており、回収はほぼ不可能とみられる。

大阪・阪南の旧市民病院で不適切な債権管理 診療費未収金382万円、時効で回収不可能か 2018年01月12日(産経WEST

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top