泉州ニュース

泉州ドットコム

研究用原子炉、トリチウム水漏れ

京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)の研究用原子炉「KUR」(出力5千キロワット)で、9月に配管から放射性物質のトリチウムを含んだ水が漏れるトラブルが起きていたことがわかった。
施設内にとどまり、外部への影響はなかったという。京大は原子力規制委員会に報告し、すでに運転を再開している。

京大や規制委によると、9月20日に警報が鳴り、調べたところ、配管からトリチウム水約100ミリリットルが漏れていた。配管のつなぎ目のボルトの締め付けが不十分だったとみられる。
運転再開までの約1カ月間、原子炉で発生する中性子線を使ったがん治療法「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の臨床研究が中断した。

京大の研究用原子炉、トリチウム水漏れ 外部に影響なし 2017年12月19日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top