泉州ニュース

泉州ドットコム

奇跡の一本松、ストールに

東日本大震災の津波に耐えた岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」。その木くずを利用し、大阪府阪南市の繊維製造会社がストールとポンチョを作った。米ニューヨークで12日(日本時間13日)に開かれる震災支援への感謝を込めたコンサートで、出演する子どもたちが身にまとう。

手がけたのは、スギやヒノキの繊維から布を織る技術を持つ「和紙の布」の阿部正登社長(59)。今年5月、木の笛「コカリナ」演奏の第一人者で、NPO法人「日本コカリナ協会」(東京都)の黒坂黒太郎会長(68)と知り合った。

阿部さんは黒坂さんから「一本松の木くずから服を作れないか」と相談され、製作に取り掛かった。

一本松は津波に耐えたが、海水につかって枯死。保存処理などを施すため、幹の中がくりぬかれた。その際に出た木くずの一部約660キロを、一本松を所有していた日本ユースホステル協会(東京都)を通じ、無償で譲り受けた。

阿部さんと取引をしている山梨県の業者などが、木くずから繊維を取り出し、まず和紙を作製。細長く切り、よりをかけて糸にしたのを、阿部さんの会社で織り上げた。

奇跡の一本松、ストールになった 米のコンサートで披露 2017年11月13日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top