泉州ニュース

泉州ドットコム

堺市博物館で眼鏡型翻訳機

堺市は11日から、日本語の音声を英語など3か国語に訳して表示する眼鏡型翻訳機を使い、外国人観光客を案内する試みを市博物館(堺区)で始める。

NTT西日本が開発した装置で、相手に眼鏡をかけてもらい、イヤホン型のマイクに話しかけると、翻訳された文章が眼鏡に表示される。英語、中国語、韓国語に対応し、英語なら8割程度の正確さを誇るという。日本語への翻訳は英語からに限られ、同社は今後、対応言語を増やすとしている。

同市を訪れる外国人観光客は急増しており、昨年の宿泊者数は約19万人で5年前の6倍強に。ボランティアガイドからも「外国人への対応が追いつかない」との声が出ており、同社から最新の翻訳装置を借りて試すことにした。

外国客ガイド曇りなし 堺市博物館 2017年11月10日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top