泉州ニュース

泉州ドットコム

茶道裏千家12代家元と堺のつながり

茶道裏千家12代家元・又玅斎(ゆうみょうさい)(1852~1917年)と堺のつながりに焦点をあてた、企画展「近代の茶の湯 又玅斎と堺、そして女性」が、堺区の「さかい利晶の杜」で開かれている。

女性が茶の湯をたしなむ明治の錦絵や、1890年(明治23年)に千利休三百年忌で描かれた「利休居士画像」、茶碗など約35点が並ぶ。大半が、京都市の裏千家茶道資料館や今日庵文庫の所蔵品だ。このうち又玅斎筆の墨書「教外別伝不立文字(きょうげべつでんふりゅうもんじ)」は、禅の考え方によれば、悟りは経典や文字ではなく体験で得られると説いている。

茶道は、明治になると大名らの後ろ盾を失い、女性の教養の一つとして今に伝わった。京都の豪商の角倉(すみのくら)家から裏千家に入った又玅斎は、奈良や大阪滞在を経て堺に住み、各地へ稽古に出向いた。晩年には居宅の茶室で月見の茶事を催し、市長や商工会会頭も招いたという。

茶道裏千家12代家元 沸かせた堺 2017年10月04日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top