泉州ニュース

泉州ドットコム

千家十職、茶釜作りを堺で語る

茶道・三千家に茶釜を納めている、京都市の釜師・大西清右衛門さん(56)を招いた講演会が2日、堺市、「さかい利晶の杜」茶室広間で開かれ、約80人が茶釜制作の伝統技法の解説に耳を傾けた。

三千家の茶道具を手がける職人集団は「千家十職」と呼ばれ、大西さんはそのうちの釜師・大西家十六代にあたる。

大西さんは、優れた技術を持った二代目の作品など様々な形の茶釜を画像で紹介しながら、わざと釜の表面を粗く見せる技法や鋳型の作り方などを解説。自身の失敗談も披露し、「失敗を繰り返すうちに、技法や表現を広げるための糸口が見えてくる」と語った。

講演会は、千家十職から講師を招く連続企画として、7月から12月までの予定で毎月1回開かれている。問い合わせは、さかい利晶の杜(072-260-4386)。

千家十職・大西さん、茶釜作りを堺で語る 2017年09月03日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top