泉州ニュース

泉州ドットコム

堺市長選はや火花

堺市長選の告示(9月10日)まで1カ月余りとなる中、3選を目指す竹山修身(おさみ)市長(67)と、新顔の永藤英機大阪府議(41)を擁立する大阪維新の会の動きが活発になっている。両陣営は29日、それぞれ堺市内でタウンミーティングを開催。竹山氏が前回同様、維新の大阪都構想への反対を打ち出せば、維新は竹山氏を「実績ゼロ」と批判し、争点をめぐる綱引きを繰り広げている。

「堺と大阪府に二重行政はない。堺を守りたい」。
29日、堺市西区であったタウンミーティングで竹山氏は、堺市も、大阪市を廃止して特別区に再編する都構想の対象になるという前提で、反都構想を訴えた。

竹山氏は3月に立候補を表明。すでに校区単位などでタウンミーティングを50回ほど重ね、子育てやまちづくりなどの実績を訴えている。とりわけ、前回2013年の市長選で「反都構想」を訴えて維新の候補を破っており、反都構想の争点化も狙う。

今月23日の事務所開きでは、支援者や、推薦を求めている自民党、民進党の国会議員・府議らが集結。この場で自民府連会長の中山泰秀衆院議員ら参加者は「都構想反対」と口をそろえ、民進府連代表の平野博文衆院議員も「都構想を潰す。この一言でがんばろう」と強調した。

堺市長選はや火花 現職「反都構想」、維新「実績ゼロ」 2017年07月31日(朝日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top