泉州ニュース

泉州ドットコム

泉州タオル 国内最古の吸水性

言うまいと思えど、この猛暑。タオルが重宝する。タオルが国内で初めて作られたのは現在の泉佐野市で「泉州タオル」は今年が130周年だという。

大阪タオル工業組合(泉佐野市市場西1)の専務理事、樫井学さんによると、泉州地域は江戸中期には綿織物の一大産地だった。佐野村(現泉佐野市)で白木綿業を営む里井円治郎が輸入タオルを研究し、輪っか状になった糸「パイル」を織る機械の開発に1887年、成功した。

泉州タオルの特徴は、なんといっても機能性だ。特に吸水性にすぐれている。「タオルが水を吸うのは当たり前」と思っていたが、そうではないらしい。

泉州タオルは「後晒(あとさらし)」という製法を取る。初めに糸の強度を高めるため糊(のり)や、ろうを付ける。機械で織った後、両端の耳を縫う。タオルが長くつながった形のこの時点では、タオル地は水をはじく。この後、漂白や染色をし、水で何回も洗って糊や綿の油分、不純物を洗い落とす工程で、吸水性や肌触りがよくなる。タオル地を織ってからさらすので「後晒」だ。1枚ずつ切って端を縫って完成する。プリントや刺しゅうをするものもある。

泉州タオル(泉佐野市) 国内最古130年の吸水性 /大阪 2017年07月28日(毎日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top