泉州ニュース

泉州ドットコム

手拭いアート 庄屋染める

江戸時代初期に建てられた庄屋の邸宅を、明治時代に大阪で生まれた染色技法「注染(ちゅうせん)」で染められた手拭いで彩るイベントが、堺市立町家歴史館「山口家住宅」で開かれている。
8月28日まで。

注染は、長さ約25メートルの木綿を蛇腹状にたたみ、じょうろで染料を注いで染め上げる。玄関から奥へと広がる土間では、長い布が巨大な梁に掛けられ、カラフルな水玉模様から、注染独特のにじみやぼかしを確かめられる。また、「注染手ぬぐいの春夏秋冬」と題し、部屋ごとに季節を定め、菜の花や朝顔、月見、雪だるまなどをあしらった手ぬぐいを展示。入室すると順を追って四季の移ろいが感じられる趣向になっている。

火曜休館。入館料は一般200円、中学生以下と65歳以上は無料。
問い合わせは同館(072-224-1155)へ。

手拭いアート 庄屋染める 堺 2017年07月19日(読売新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top