泉州ニュース

泉州ドットコム

関空で日本の伝統文化PR

関西空港で25日、住吉大社のみこし奉輿(ほうよ)が執り行われた。国内外の利用客が見守る中、約150人の奉仕者が豪快にみこしを担ぎ上げて日本の伝統文化をPRした。

空港を運営する関空エアポートが同大社などの協力を得て第1ターミナルビル内で開催している「住吉大社展」の一環。大阪湾の守り神である同大社と、湾内に位置する空港という縁で、日本の玄関口で関西の貴重な文化を体感してもらおうと企画した。

この日は「住吉祭」のみこし渡御(8月1日)で、実際に担ぎ手を務める住吉大社御輿(みこし)会の奉仕者が国際線到着フロアに参集。神職からおはらいを受けた後、全長約4.2メートル、重さ約1トンのみこしを担ぎ練り歩いた。独特の掛け声「べーら、べーら」がフロアに響きわたると、居合わせた人々が一様にカメラのレンズを向けていた。

関空で日本の伝統文化PR 住吉大社みこし奉納 2017年06月26日(大阪日日新聞

  1. 【PR】泉州のおいしいものを通販でお取り寄せ(泉州魂 楽天市場店)

泉州の最新ニュース一覧

泉州のお得な情報!毎週金曜日に配信

泉州イベント情報新着

Top